3つのステージ

 

働く人には3つのステージがあるそうです。

ご飯を食べるために働く「ライスワーク」。

ひたすら割の良い仕事を探して
それでもつい愚痴や不満を言う
仕事=つらいものになっています。

 

好きなことを仕事に出来ている「ライクワーク」。

やりがいを感じて仕事できるので
積極的に仕事に取り組んでいけます。

 

人に喜ばれることに生き甲斐を感じる「ライフワーク」。

人の役に立とうと積極的に行動するので
苦労を苦労だと思いません。
よってラクしたいという考えは起きないのです。

 

誰でも最初は「ライスワーク」です。
私も営業マンしてた頃はご飯を食べるために
会社を往復していました。

 

そこからどう変わっていくのか
これを見ていると考えさせられます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です