一人勝ちライティング(文章術)

 

99%の人は自分の弱さや醜さ、みっともないところ
恥ずかしいところ、汚いところを隠します。

 

「かっこわるいと思われたくない」

「良い人間だと思われたい」

「馬鹿にされたくない」

 

人間の本能がそうさせているのです。

 

わたしはブログやメルマガの文章を書くとき
自分がやらかした失敗や恥ずかしい過去
自分の中にある醜い感情などを
さらけ出して書くことを意識しています。

 

そうしたほうが、読者の信頼を得られるからです。

 

しかし、以前の私は人に嫌われるのを怖がっていました。

ほんとうに情けない理由なのです・・・

 

恥ずかしいので、あなたにだけお話しするので
今すぐ以下の再生ボタンをクリックして下さい。

ビデオの3分51秒でコピーライティングの新事実を公開

 

「こんな事書いたら嫌われるんじゃないか・・」

「強く言いすぎて去っていってしまうんじゃないか・・」

「こんなの送信したら誹謗中傷メールが来るんじゃないか・・」

 

『被害妄想が強すぎるよ!』と言われるかもしれませんが
そんな思いが頭を駆け巡って、作業にすら
集中出来ない状態でした。

 

出そうかやめようか、迷いに迷って4日後に
ようやく書いたメルマガ記事もあります。

 

私のメルマガ配信ツールの履歴には
1通目から532通目まですべて残っています。

 

今見直してわかるのですが、迷いに迷った
メルマガほど高クリック率をたたき出しています。

 

通常3~5%ですが、7~10%のクリックを
たたき出しているのです。

 

自分の弱さや醜さを正直に書くのはとてもつらいです。

 

親にも見せられないほど自分の恥ずかしい部分を
正直にさらけ出すことは誰にもできることではないです。

 

でも、自分の弱さや汚さなどを隠して、
自分をかっこ良く見せることは誰でもできます。

 

商品やサービスの良い部分だけを強調して、
自分の商品を良く見せることは誰でもできます。

 

でもお客さんはその”裏”を敏感に感じ取ります。
「まあ、売りたいからね」と納得ずくでこちらの
気持ちを見透かしているのです。

 

でも、あえて商品の大きなデメリットを自分から伝えると、
「この人は正直に商品を伝えてくれる人だ」
と思ってもらえるので、信用がアップします。

 

同じようにブログやメルマガ記事を正直に書くと
「この人は自分をここまでさらけ出してくれるんだ」
と思って信頼してくれるのです。

 

人と逆のことをやり続けることが、稼ぐ秘訣です。

 

99%の人は自分の弱さや汚さなどを隠して、
自分をかっこ良く見せる文章を一生懸命書き綴ります。
その結果、99%の人と同じ収入しか手に入れられません。

 

あなたは、人に言ったら嫌われるような弱い部分まで
書き綴っていってください。

 

つらい勇気がいる作業です。

 

99%の人がつらくてできないことをやると、
あなただけ一人勝ちできます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です