ピクンとさせる方法

 

今日はコピーライティング(文章術)の
究極の奥義をお話します。

今すぐ以下の再生ボタンをクリックして下さい。

ビデオの4分53秒で読者をピクンとさせるコピーライティングの奥義を暴露

私の元に読者さんから

「メルマガに反応がありません」

「メールをもらえない・・」

という悩みが毎日2,3通届きます。

 

ある読者さんからのメールです。

—————————————————
メルマガの返信が増えません。。

メルマガをやっていますが
購読者はふえるのですが、全然返信がきません。

アンケートにも返信なしで、どうすれば返信もらえますか?
—————————————————-

これからお話しするスキルを学ぶと、
どんなコピーを書いても
全く反応を取れないということは
なくなります。

 

私は5月に交流会に参加しました。
交流会というのはさまざな業種の人たちと交流できる
出会いの場です。

 

そこでレンタカーサービスを営んでいる方と
名刺を交換し会話が始まりました。

Aさんとしましょう。

 

私「今日はお客さんになりそうな出会いはありましたか」

Aさん「そうですね、でも本当は車好きな方と知り合えたら・・
   と参加したんです。
   桜井さんはいかがですか?」

 

実は私はそれほど車に興味がありません。
乗っているのも軽自動車ですし、動けばそれでいい程度の
感覚なのです。

 

しかし、私は三年前までプジョーという
フランスの車に乗っていたことを思い出し
Aさんに伝えたのです。

 

途端にAさんの顔は笑顔であふれ、こう言ってきたんです。
「私、いまプジョーに乗っているんです!」

私が「車なんて動けばいい」と言っていたらきっと
Aさんは機嫌を損ねて話もつづかなかったと思います。

 

人は「共感」できる人を好きになります。

*住んでいる街が同じ。

*好きだったアイドルが同じ。

*生きてきた境遇が似ている。

 

そういう共通点があるだけで一気に親近感を感じるのです。
逆に共通点を持たない人の話は一切聞きたくないのです。

 

だから私は「プジョーという輸入車に乗っていた」ことを伝え
Aさんの共感を誘ったのです。

これが「共感」の力です。

 

私もインターネットビジネスをはじめて6ヶ月間、
一通のメールももらえず
商品も一つも売れませんでした。

この「共感」を教わってからメールもいただけるようになり
商品も買っていただけるようになりました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「さくさん、先日●●はプレデタの特典になりますか?
とメールした者です。
遅くなりましたが、プレデタ購入しました。
特典が7つも(人´∀`).☆.。.:*・゚
よろしくお願いします!」

 

「さくさん、
はじめまして、○○です。
さくさんのメルマガ、3年ほど前からずーっと
購読させていただいております。
参考になることが多く勉強になっています」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんなメールをいただけるようになったのです。

 

その理由は「相手に共感を伝えた」からです。

「私もあなたと同じだった」

「あなたと同じ悩みを持っていました」

と相手の気持ちにより添ってコピーを書くだけで
あなたのファンは今日にも2.7倍に増えます。

 

逆に相手の気持ちに全く寄り添うことなくコピーを書いても
相手の心に全く響かないのです。

 

あなたのコピーを読みかえして「共感」が
足りないなと感じたら、少しでも付け加えてあげてください。

その瞬間から劇的に読み手の反応が変わります。

 

たとえば「胸が小さくて悩んでいる」人に
バストアップの商品を売りたいとします。

その人は
「胸を大きくして魅力的になりたい」
「異性から注目されたい」
という感情を持っていると思われます。

 

その場合は「私もずっと胸が小さかったんです。
中学生の頃から周りの友達はみんな成長していくのに
なぜ私だけが・・?と思っていました」
というストーリーを書いて読み手の気持ちに寄り添ってあげるのです。

 

すると同じ悩みを抱えた人は「うんうん、わかる」と
共感してくれます。

 

もし「どう共感してあげたらいいんだろう?」と
お悩みなら気軽にメールしてきてください。

 

追伸

ブログやメルマガ、お手紙、Facebookなどで
気持ちを伝えたいけど上手く伝えられない・・
なんて、もどかしいですよね。

そんなあなたに役立つ記事を書きたいので
ぜひ、感想や質問をお送り下さい。

「コピーライティングってなに?おいしいの?」
という些細なことも大丈夫です(笑)

お送りいただける方はこちら

大切な時間をかけて送って下さった全てのお便りに
24時間以内にお返事差し上げております。

あなたの感想、お待ちしてます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です