100℃の法則

 

「5万円/月、お小遣い増えたら良いな」

「100万円/月、稼ぎたい」

こういう2人がいたとします。

 

すると「5万円/月増えれば良いな」という人は
「100万円/月稼ぎたい」という人の20分の1の
努力をすれば5万円が手に入ると
考えてしまいます。

 

会社員のように雇われる側の経験が長い人ほど
こういう思考に犯されています。

「時間でお金をもらう」という感覚が
抜けきらないのです。

 

わたしも5年間ほどサラリーマンをしていた
ことがあります。
その後、ネットビジネスの世界に飛び込みました。

ネットビジネスは基本、個人事業主で
スタートする人が多いです。

ですから

「もう3時間やったから今日はここまで・・」

というように時間で区切るクセが
本当に抜けませんでした。。

 

その感覚でいたから、1円すら稼げなかったのです。

 

もし、あなたがそうなら1秒でも早く、

「結果でお金をもらう」

経営者の感覚に脳をチェンジする
必要があるのです。

その理由をすごくカンタンにお話しします。
今すぐ以下の再生ボタンをクリックして下さい。

ビデオの3分50秒は絶対に聞き逃さないで下さい…

よく「ビジネスの世界には0か100しか存在しない」
と言われます。

 

「リッツ・カールトンの仕事の流儀」という記事には

「 99℃は熱いお湯だけれども、
 あと1℃上がって100℃になると
  蒸気になって、蒸気機関車を動かす力が出る。

  しかし、99℃ではまだ液体だから
 蒸気機関車は動かせない。
  この1℃の違いを意識しながら仕事をすることが、
 重要である。 」

という一文が載っていました。

 

0%~99%では得られる結果は0ですが、
それが100%になったとき、
はじめて100の結果を得られます。

 

100の努力をすれば100%の結果を手にできますが
99%だけ努力しても1%の逃げや甘えがあるだけで、
得られる結果は0になるのです。

 

「いいとこまでいってるんだけど、結果はもう一つ」
なのは99℃以下だから。

「今日はここまでできれば、まあいっか」
も99℃以下。

 

100℃の仕事とはどんなものなのか、というと

『 誰もがしている仕事を、
 誰もが考えないレベルで考えて
 懸命に汗を流さないと見えてこない世界 』

だそうです。

 

大げさと思うかもしれませんが、
成功している起業家は
ビジネスを100℃のレベルで実践しています。

追伸

ブログやメルマガ、お手紙、Facebookなどで
気持ちを伝えたいけど上手く伝えられない・・
なんて、もどかしいですよね。

そんなあなたに役立つ記事を書きたいので
ぜひ、感想や質問をお送り下さい。

「コピーライティングってなに?おいしいの?」
という些細なことも大丈夫です(笑)

お送りいただける方はこちら

大切な時間をかけて送って下さった全てのお便りに
24時間以内にお返事差し上げております。

あなたの感想、お待ちしてます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です