2通の手紙

 

「今すぐ2種類の手紙を書いてください。
 1通は両親への悪口の手紙、2通目は
 両親への感謝を書いて出してください」

先生から言われました。

当時の感情をシェアします。
今すぐ以下の再生ボタンをクリックして下さい。

ビデオの1分20秒で感情が高ぶり手が止まりました…

「コピーライティングの力(文章術)で、
どう感情が動くのか、イマイチわかりません…」

先生とのスカイプの中で
私は口からポロッと漏らしました。

私はコピーを学ぶ前は、
文章で人の感情が動かせるなんて
信じていませんでした。

文章で読み手の感情を動かして
商品を購入してもらうなんてことは、
あり得ないと思っていました。

だから現金に直結していそうなノウハウばかりに
夢中になり、お金から一番遠いところにありそうな
ライティングには無関心でした。

 

両親への悪口を書き綴った1通目の手紙です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたの子供に産まれて心の底から
後悔しています。

もし、○○さんの子供に産まれていたら
もっと裕福でもっと良い教育を受けて、
はるかに幸せな人生を歩んでいたでしょう

でも運悪く、あなた方の子供に産まれたので
二十数年間、不幸な人生を歩き続けています。

今でもこの家に生まれたことを毎日のように
後悔しています。

さようなら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

両親への感謝を書き綴った2通目の手紙です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これまでの人生を振り返ってみて、遊びに
連れて行ってくれたこと、悪さをして怒られたこと、
そういう一つひとつのことすべてが今の自分に
つながっていると実感し、今さらですが
親のありがたみを感じました。

地元の大学も受かっていたのに東京の入学し、
就職も地元ではしませんでした。
自分勝手ばかりで何も親孝行らしいことを
できなくてごめんなさい。

これからたくさん時間をかけて、ふたりから
もらったものを少しずつ返していきたいと思います。
ふたりの子どもで本当に良かったです。

これからもよろしくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この2通の手紙を読んだとき、あなたの感情は
どう動いたでしょうか。

ご両親の感情がどう動くか、
想像してみてください。

 

1通目を読んだら、ご両親はショックで
一生癒やすことが出来ないキズを
抱え込むでしょう。

2通目を読んだら、
「育ててきて本当に良かった」と
心底喜びをかみしめ続けてくれると思います。

 

文字は時には、人生も破壊してしまう兵器にもなり
大きな幸せで包み込んでくれもするのです。

 

2通とも似たような行数で、同じ日本語で
同じペンを使って書きました。
が、感情はまるっきり別物です。

 

これがコピーライティング(文章術)の力です。

 

ぜひ一度だけでいいので、
あなたもご両親へ2通の手紙を
書いてみてください。

つらい作業だと思います。
私もつらかったですが、
思いっ切り書きました。

何度も郵便局のポストの前に
通いました。
ポストの投函口に手紙を1/2まで
差し込みましたが手を離せませんでした。

両親が『どんなに悲しむだろう…』
と思うとどうしても手を離せなかったのです。

だから今も机の引き出しに2通残っています。

 

あなたも、書いたものの心の葛藤で
ご両親には見せられないかも
しれません。

そんなときは、よければ私宛に
その手紙を下からフォームに
貼り付けて送付してください。

誰にも見せませんし、消去ご希望なら
読ませていただいた1秒後に削除します。
どうしようもない気持ちがあるなら
ありのまま送信フォームに書いてください。

読みづらい、汚い、申し訳ない、理解できないかも…

そういうご心配はなさらないで
よかったら送ってみてください。

メールを送る

 

 

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です