2つの必殺技

 

『欲望を悪魔のように』刺激する方法です。

お客さんをグラグラ骨抜きにして
グッと握りしめた財布を開かせてしまう
商品レビューには必ず2つの武器が
仕込まれています。

そのため洗脳された信者のように
思考回路停止状態で完全防備された財布から
札束をお布施のように差しだそうとするのです。

しかし・・

あなたが、この真実を知らずに
セールス記事を完成させても
インフォトップ(*)から注文確定メールは
1通も届きません。(*)大手アフィリエイトセンター

つまり

「商品レビューを書いてもさっぱり・・」

と頭を抱える人のセールス記事には
この2つとも、あるいはどちらか一方が
抜け落ちている可能性がとても高いです。

その正体とは…
今すぐ以下の再生ボタンをクリックして下さい。

ビデオの4分18秒だけは絶対聞き逃さないで下さい

商品レビューを51個作っても売り上げはゼロ…
と言う悩みは深刻です。

本業収入をアフィリエイトで補いたいのに
いくら商品紹介ページを作成しても
「誰も購入してくれない…」
と悩んでいる方は少なくありません。

多くのアフィリエイターが自身の商品紹介ページに
自己嫌悪を感じ挫折感に支配されているのです。

余分な副収入を目当てに、この夏、海に連れて行くと
約束していた子供達から
「パパ、ダメじゃん…」
幻滅されるかもしれません。

そして、会社の給料に『依存』する生活から、
ずっと抜け出せません。

いつも家賃・光熱費・食費などの出費に
頭を支配されます。

家のポストに、携帯電話や
クレジットカードの請求書が
投函されている度に、肩を落として
ため息を付くハメになります。

お金が無いストレスにずっと縛られ続けるのです。

ですが、この2つを記事に仕込むことさえ覚えれば
狙った通りの現金を手にすることが可能になります。

家族との夏の思い出に5万円欲しければ5万円、
9万円欲しければ9万円の収入を意識的に
生み出せるのです。

翌々月25日に、ログインIDとパスワードを入力して
インフォトップへアクセスすれば、ときに5万円、
ときに9万円の振り込みを確認出来るのです。

月に1回は奥さんや子供を連れ、
一泊二日の温泉旅行に行ける余裕が手に入ります。

喧嘩も無く、家族円満になるのです。

子供達との約束も果たせ、金銭的な安心感を得られます。

そのためにはメルマガ、ブログ記事、
レビューなど商品の魅力を伝えるときに
必ずこの2つを仕込んでください。

そして、この2つは必ずセットで見込み客に
伝える必要があります。

たとえば
「ネットで億万長者になれる方法を教えます!」
と欲望だけを刺激すると野次馬連中がワラワラと
集まってきます。

『お金儲け話』に興味を持つ人は無限に
いるでしょうから10代の若者からおじいちゃん
おばあちゃんまで年齢問わず集まります。

しかし『おもしろそう』『おいしい話かも・・』
と買う気のない人ばかり増えてしまいます。

 

では

「あなたのリストラが決まりました。
 ネットでお金を稼がないと待ったなしで
 一家離散するかもしれません。」

と言ったらどうでしょうか

リストラ、一家離散という恐怖におびえる人は
『お金儲け話』に群がる人たちより性別も年齢も
生活環境も限られます。

反応してくれる人は限られますが、
彼らはより真剣にあなたの記事に
反応してくれる濃い見込み客です。

 

つまり欲望だけを刺激すると野次馬が集まり
恐怖を刺激すると濃い属性の人が集まるのです。

 

なので・・

最初に”恐怖”を刺激して反応する人を
絞り込みます。

そして解決策となる商品を見せて”欲望”を
刺激するのです。

 

”恐怖”⇒”欲望”という順番が大事です

 

見込み客の反応が2倍,3倍に
オートマティックに向上します。

 

追伸:
メルマガでは、ブログでは書けない
お客さんが思わず財布を開いてしまう
文章を書く方法を、具体例を交え数多く紹介してます。
 
興味を持たれた方は、ぜひ以下から
登録していただけると嬉しいです。
 
一発解除できますし変な広告も送りません。

 

お試し購読受付中です
さくらメルマガはこちら

2件のコメント

  1. こんにちは
    切羽詰らないと行動もできないときがあります
    切羽詰るととんでもないアイデアがでて結果につながることがあります
    自分を追い詰めるのもいいかもしれません

    1. きょろさん
      こんにちは

      夏休みの宿題を思い出しました。
      最終日まで切羽詰まらないとやらなかった
      です。

      いまでは良い思い出ですが・・

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です