恐怖行動

 

メルマガで困っている人は
少し聞いて下さい。

 

いつ、どういう内容を送ったら
お客さんに読んでもらえるのか?
わからない人って多いと思います。

私も900通と下らないメルマガを
送ってきましたが未だに悩んでいます。

何が正しいか、正直わかりません。

 

アフィリエイター時代の私は
貧乏なくせに怠け癖が抜けなかったので

 

今月、売り上げがやばい…
   ↓
メルマガ出さなきゃ!

 

もう一ヶ月も出してない…
   ↓
早くメルマガ出さなきゃ!

 

忘れられたらヤバイ…
   ↓
メルマガ出さなきゃ!

 

という『恐怖』を感じて
メルマガを出していたことが
多かったように覚えています。

今日はその負の連鎖を断ち切る
『メルマガ思考』をシェアします。

今すぐ以下の再生ボタンをクリックして下さい。

ビデオの3分57秒で絶対失敗しないメルマガライティングの秘密公開…

 

自分の都合のため、

自分の欲のため、

自分のお金のため、

自分の権威のため…

つまり、自分にスポットライトが
当たっていた行動だったと思います。

 

その状況でメルマガを書くと

『なんとかして売ろう』

『なんとかして覚えてもらおう』

『なんとかしてよい印象をあたえよう』

というヤマシイ気持ちでいっぱいの
メールができあがります。

すると…

 

あなたが半日かけて渾身のメルマガを
完成させても、開封はたった1件だけ
という悲しい結果になります。

そして、いつまでも報酬を得られない、
貧乏生活を続けるハメになります。

 

私は

「親より、兄弟より、恋人よりも
あなたを理解してあげたい..

そういう気持ちで
コピーを書いて下さい。」

と教わりました。

 

 

この気持ちでメルマガを書くと
どうなるか?

 

今月は売り上げが少ない
       ↓  
メルマガ、出してなかったからなあ
       ↓  
読者さんとコミュニケーションも
しなかった
    ↓ 
心配してメールくれた人もいる
    ↓
本当にありがたいな
    ↓
そうだ、『ありがとう!』の
気持ちをこめてお礼のメルマガを出そう

という相手にスポットライトが
当たった内容になります。

 

こういうメールをもらったら
本当にうれしいと思います。

自分のことを大切に思ってくれている・・

そう感じられるだけで、
やさしいキモチになれますし
なんだかホッコリします。

 

相手を想うキモチにあふれ、
書いた文章はまっすぐ
読み手のココロに突き刺さります。

 

あなたも

「親より、兄弟より、恋人よりも
あなたを理解してあげたい..」

そういうキモチで文章を書いてみて下さい。

お客様との信頼関係がいっそう深まります。

 

追伸:
メルマガでは、ブログでは書けない
お客さんが思わず財布を開いてしまう
文章を書く方法を、具体例を交え数多く紹介してます。
 
興味を持たれた方は、ぜひ以下から
登録していただけると嬉しいです。
 
一発解除できますし変な広告も送りません。

 

お試し購読受付中です
さくらメルマガはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です